女性用風俗。高学歴美男子と過ごす、自立した女性の時間。

はじめてのお客様へ | RPSのコンセプト

気品ある大人たちがエンターテインメントの為に集まる様子を描く、古風なイラスト

職場では、日増しに世界中で女性の労働力が不可欠になっています。でも、その女性たちが生きる、生活環境はどうでしょうか。残念なことに、根本的な慣習や法律という面では、日本は数十年も前からほとんど進歩していません。

等身大の女性に、「こうあるべき女性像」を期待し続ける職場、家庭、社会。

「ありのままの自分でいよう。」

そんな何でもない筈のフレーズが、CMキャッチコピーとして溢れ返る今や、人間関係はまさに仮面越しのロールプレイングそのものだと言えるでしょう。

臨機応変に毎日を謳歌できる人もいれば、ある日、虚しさや虚脱感を覚える人もいます。

生き方の価値観は、生まれついた家庭や育った環境にも大きく左右されるものです。

一方、社会の現状とは関係なく、人間が生物である以上、背負い続けていく本能があります。

それは「安心できる場所」への回帰願望。傷ついた時、無防備な自分をさらせる【誰かが待つ場所】への郷愁。

仮面越しの人間関係、 ロールプレイングの世界で、友人の中に、恋人の中に、家庭の中に、今、どれ程の人達がそうした「場所」を見つけ、維持し続けられるものでしょうか。

明日、雨降る道を渡る朝に、貴女が手に取るのは傘か、仮面か、或いは、その両方なのでしょうか。

お客様に、ほんのひと時でも仮面を外して頂く。そしてその冷えた手を取り、少しばかり良い傘で、道の反対側まで安全にお連れすること。そんなイメージをコンセプトに、RPSは設立されました。

何年来の親友がいなくても。全てをさらけ出せる彼氏やパートナーがいなくても。対話を大切に、ゆっくりと心身を任せられる【誰かが待つ場所】に行きたい。

そんな気持ちになった時は、是非私たちRPSのサービスをご利用ください。セラピスト及びスタッフ一同、お客様のご連絡を心よりお待ち申し上げております。